足の裏が熱いせいで寝られない時の対処法はコレ!

2019年8月9日暮らし足の裏, 熱い, 寝られない

足や足の裏が熱いせいで寝られないということはありませんか?

特にいま時期の夏の暑い時期になると、特に運動をしたでもなく激しい肉体労働や長時間の立ち仕事をしていないのにも関わらず家に帰って靴を脱ぐととたんに火照りだす人が最近多いみたいですよ。

 

熱いだけなら冷やせばいいんですけど、
腫れ
むくみ
痛み
赤み
血管が浮き出ている
などの症状がある場合は、翌日か遅くとも2,3日中には医療機関に行ってほしいとネットの相談窓口では書かれていました。

 


ただ、状態によっては皮膚科や内科とは限らないので総合病院に行って相談してみるのが一番いいと思いますよ。
どこだかわからないからとりあえず内科に行って診察受けたら、実は精神科なんてこともあり得るようですから。個別の専門医療機関だとその都度病院を変えないといけないからお金も余計にかかるし、面倒くさいです。

 


わたしも7月から急に足の裏だけが熱くて寝られないことがたびたびありまして、どうしたもんかと思いついた方法はおデコに貼る冷えピタを足の裏に貼ることでした。

 

なんだそんなことかと思われるかもしれませんが、効果は絶大で貼った瞬間も気持ちいいし、朝までぐっすり眠ることができます
寝相が悪いからそんなのすぐ剥がれちゃうよって方以外はぜひ試してほしいですね!

 

でも冷えピタクールを貼る方法を2,3日続けてわかったんですけど、
これはちょっとコスパが悪いことに気づいたんですわ~(笑)
ゴミもいっぱい出るし(ゴミ捨て行くのワシの担当やし)
ま、毎日はもったいないから休みの前の日とかにやろうかな(笑)

 

そこで、第2弾としてアイスノンを寝る前に足の裏に当てて(直ではなくタオルを巻いて)がっちり冷やしてから寝るというのをやってみたら、これも朝まで爆睡コース(笑)
→ アイスノン 送料無料で探す
アイスノンなんてホムセンやなんなら100均で買えちゃいますからコスパ最高です。(ゴミも出ないし)どうしても途中で起きそうと思う方は膝の裏に当たるように置いて寝るといいですよ。もちろん両足分必要ですけど。

 


なぜ膝の裏かというと、太い血管が皮膚の近くに通っているからそこに冷たいものを当てると血管とその中を通る血液が冷やされ足の火照りがやわらぐという仕組み(素人判断)です。

 

素人判断ですけど、風邪などで熱が出たときに熱を早く下げる方法として太い血管が通っている脇の下や股関節とか首筋を冷やすと効果があるのと同じだと思うんですよね。

 

足の裏が熱いのであれば、足の裏に向かう血管が通る箇所を冷やせば結果として足の裏が冷える。ふくらはぎの辺りが熱いのなら、その上の膝の裏や股関節を冷やせば冷えるわけですよ。

 

どちらにしても、硬いアイスノンよりはソフトタイプのアイスノンの方がいいと思いますよ。リラックスして寝てるときに足がゴツゴツしてるとこに当たってたら痛いじゃないですか。
冷えピタソフトアイスノン、マジでおすすめです!

(補足)バケツに水を入れて足入れときゃお金もかからん!って方いると思うんですが、水がすぐぬるくなってダメダメです。実践済み。

さいごまで読んで頂きありがとうございました。

【執筆:おじさん】