ドライブレコーダーでよくある映っていないときの対策4つ

ショッピングドライブレコーダー, 映っていない, 対策ショッピング, 映っていない, 対策

ドライブレコーダーで映ってないことがよくあるそうなので、その原因と対策を検証してみました。

せっかく取り付けたドライブレコーダーが肝心の事故のときに映っていなかったら全然意味ないですよね?

どっちの信号が青だったか相手方と言い争いになっては事故処理も進まないし、
なにより精神的に非常に疲れます。
事故を起こす奴(相手が100%悪い場合)はキ◯ガイと嘘つきが多いです。
(体験談)


そんなことにならないためにも、もう一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


【SDカードは入っていますか?】

 

SDカードとは、ドライブレコーダーの映像を記録するためのカード媒体です。
これが入っていないと電源が入っても映像は記録されません。
スマホやiPhoneにも外部メモリとして使われています
正確には、マイクロSDカードです。
小指の先ほどの小さいメモリーカードです。

SDカードで買うと大きさで4倍位のデッカイメモリーカードが届いてビビります(笑)
わたしAmazonでやらかして返品するハメになりました。
開封しても返金してもらえましたけど(;・∀・)

 

なにそれ?
そんなのいつ付けたか知らない!

という方は、ドライブレコーダーの取扱説明書を引っ張り出してきて下さい。
こんなメモリカードが必ず本体に差し込まれています。
(これは拡大画像です)

本体のどこかの蓋を開けて入れるものではなく、薄いスロット(隙間)
本体の横か上に
SD』などと表示されています。
(黄色のマーカーは違います。ただの強調です)

入っていなければ、すぐに買って説明書どおりに挿入してください。

 

入れる向きが決まっているので力ずくで押し込んではダメですよ!
壊れますからね!

 

 

【SDカードをフォーマットしてますか?】

 

SDカードはドライブレコーダーに入っているのに、映像が映っていないというトラブルの問い合わせがいちばん多いそうです。
不良品だから交換しろとか、取り付けに不備があったから返金しろとかのクレームが多発しています。

ですが販売店もメーカーも調べてみると、結局SDカードのフォーマットがきちんとされていない
ことがほとんどだそうです。本体の故障が原因ではないのです。

ではSDカードのフォーマットとはなんなのかというと、
記録された映像を全消去することです。
機種によりますが、だいたい3日から10日に一度はSDカードのフォーマットをしなければいけません。

 

そんなしょっちゅうやるの? って思いますよね。
私も買ってから知りましたけど、まあ習慣化すればなんのことはないです。
やらなくて済むならそれにこしたことないですけど。

 

SDカードのフォーマットは本体から外さなくてもそのままできる機種が多いですが、そうでないのも
あるので取扱説明書で確認して下さいね。

 

操作は簡単にできるはずです。
機械音痴でらくらくホンの65歳の父でもできたので、あなたもできますよ。

 

でも、ドライブレコーダーがフォーマットを自動でやってくれる機種があるんです。
この機種。画質とか機能別に何種類かあるみたい。
自動フォーマットが売りです。取付け後、お好みに設定すればあとはほったらかしでOK。
付属品でマイクロSDカードも付いてきて、前後同時撮影の2カメラで送料無料!
次に買うのはこれにしようかな(笑)

[itemlink post_id="169"]

【電源入ってますか?】

ドライブレコーダーは基本的には取り付けてしまえば何日かごとのフォーマット以外は触ること
がないのでつい忘れがちですが、運転前には電源が入ってるか確認しましょう。
電源(スイッチ)が入っていれば自動的に録画状態になるはずですが、その電源ソケットそのものが
なにかのきっかけで抜けているかもしれません。
ドライブレコーダーの電源に使われる、電源ソケットとはこれです。

 

これがシガーソケットから抜けてないか、乗車したら必ずチェックしましょう。
飲酒運転のタコ助に運悪く突っ込まれて大怪我しても、録画映像がなければ過失割合は
自分に不利になることも。

 

逆に5対5の右折直進の過失割合が、ドライブレコーダーの映像で10対0に覆った話は結構あります。
(大手損保会社の社長に聞いた)

 

【ドライブレコーダーの向きは合っていますか?】

ドライブレコーダーは車体の正面を映すための機械ですから、上を向いて空を映しても意味ないです。
でも、ダッシュボードを掃除してるときに頭が当たったとか、
子供がいたずらして向きが変わってしまったとか
ガソリンスタンドで車内清掃してもらったらズレていたとか、あるあるなんです。

で、肝心の事故映像を見ようとしたら空ばかり映っていて保険金が下りなかくて、裁判で揉めた話も
表には出てこないけど保険業界あるある(2回目~)だそうです。

正面と言いましたが、
正確には画面の下側4分の1ぐらいに自分の車のボンネットの両端が映っている角度なら
大丈夫です。
ドライブレコーダーで記録してほしいのは直前(10m以内)でぶつかってくる
車両なり自転車、人が鮮明に記録されればいいので100m先の車なんてどうでもいいんです。

販売店やディーラーで取り付けてもらってそのままにしている方は特に注意して、もう一度自分の
ドライブレコーダーの向きを確認して下さい。

[itemlink post_id="171"]

ドライブレコーダーの普及率は2018年で約30%だそうです。
自分がいくら気をつけていても、信号無視とか違反逃れで向こうから突っ込んでくるモノには
対処できませんが、少なくともその瞬間の記録は残して後々面倒なことにならないよう、自衛するのが
いまできることではないでしょうか。