オキシ漬けの代用品にはコレ!漬け置き時間と上手なやり方は

暮らしオキシ漬け, 代用, 時間, やり方

有名人が大好きなオキシ漬けのオキシクリーンって、
実は酸素系漂白剤のことだよね。

でも、オキシクリーンは量の割に値段が高いと思う。
漂白剤に1回で5,000円とか庶民は出したくないな~
安いのもあるけど2,000円超えるし・・・

パッケージの裏の成分表を見て
代用品になるものがあるならもっと安く買いたい。

そこでオキシクリーンの成分を見てみると
主成分は「過炭酸ナトリウム」だった。
てことは、酸素系漂白剤の成分と同じじゃん。

 

例えると、
ワイドマジックリンやワイドハイターと同じなのだ。

アメリカ製のオキシクリーンの成分は
過炭酸ナトリウム
・界面活性剤
・炭酸ナトリウム

中国製のオキシクリーンの成分は、
過炭酸ナトリウム
・炭酸ナトリウム

アメリカ製のは界面活性剤が入っている分洗浄力が強いのかな?
でも、ベースは過炭酸ナトリウムだから、補助的な感じだと思われる。

だったら、オキシクリーンにこだわらなくてもいいんじゃね?

洗濯メインで使うなら界面活性剤が入っているアメリカ製のオキシ。
漬け置きメインだけど、オキシクリーンを使いたいなら中国製のオキシ。
オキシマニアならこんな使い方もありなんだけど

漬け置きメインでなおかつ、値段は極力抑えたい派なら
100%過炭酸ナトリウムの酸素系漂白剤をオススメする。

値段はピンきりだけど、
安いのはメチャクチャ安くて1kgで500円以下のものも結構あるし、
送料無料のありがたいものも探すと出てくる。

 

100gあたり50円以下なんてオキシクリーンでは出せない金額だ!
お値段半額で効果が同じならそっち買わないかな?

あとこれは豆知識で、
過炭酸ナトリウムだけよりも重曹を足すと更に洗浄力アップするのだ!

実際、僕がアマゾンで買ったのは、これ。半年前は500円で買えた。
アマゾンのプライム会員なら送料は無料だ。

それまでは花王のワイドマジックリンを使っていたんだけどこっちのほうが
安かったから代用してみた。

使い方は、顆粒はすごく溶けやすい粒にはなっているものの
水ではちょっと溶け残る感じ。ほんのちょっとだけ。

例えると、粉末洗剤のアタックみたいな感じ。

 

だから40度くらいのお湯で溶かして使うのがベストだね。
溶かすときは、先に洗濯機なり、バケツに酸素系漂白剤を適量入れておいて
あとからお湯を足して混ぜるときれいに溶ける。

 

漬け置き時間は、汚れ具合によるけど30分~1時間でたいていのものは
きれいに落ちる。漬け置き後はヌメリがなくなるまでしっかりすすごう。

靴は色落ちもしないでクッキリ白地が生えてきれいに漂白された。

もちろん、靴底の溝に溜まってた汚れもこすらずにツルッと剥がれて元々の色が
出る感じで本当にこすり洗いはいらなかった。

→ 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)の口コミを見る

 

袋に入っているタイプは使う時にスプーンを使う人もいるかもしれないが、
こういう100均の容器を使うと便利だ。
これで500g入る。

 


キャップを外すだけで片手で好みの量が出せる。
この容器はシェーカーといって、飲み物いれて振り混ぜるためのものだ。

 

洗面所の排水口にも使えるし、浴槽やキッチンの排水口の洗浄には
キッチンハイターよりもキレイにカビ汚れが落とせて重宝している

 

どの場所も前もってお湯で流してから粉を振り入れるか、バケツや洗面器で
溶かしてから流すことをオススメする。

あと、本州ではまだまだ猛暑続きでエアコンが欠かせないけど、
エアコンのフィルターも酸素系漂白剤で漬け置きすると、30分で新品みたいにピカピカになる。実践済み(・∀・)b

→ 楽天市場で 【酸素系漂白剤 送料無料】 を探す